lifestyle

国民文化祭【長岡・柏崎エリア】芸術編

国民文化祭へ向けて新潟も、

どんどん盛り上がって来ました!

私のPR担当エリアは【長岡・柏崎エリア】ということで

先日取材へ行って来たときのことをレポします♡

 

長岡・柏崎エリアは新潟市内から

車で1時間くらいしたところにあって、

正直あんまり行ったことがない地域だったんです!

この機会に私の知らない新潟をどんどん知っていきたいなと思い、

あえてこの地域を選ばせていただきました。

 

2記事に分けて投稿しようと思っていて、

まずは9/15から開催される国民文化祭のイベントについて書いていこうと思います!

 

まず私が向かったのは

“新潟県立歴史博物館”

新潟の歴史・民俗を総合的に紹介している博物館です。

とにかく館内中が新潟にまつわることばっかり!

豪雪を体験できるエリアや昔の農業の道具を触れるコーナーも。

一般的な博物館と違って、触ったり体験できる箇所がたくさんあったので

実際に自分もその時代にタイムスリップした気分になりました!

 

新潟県内の信濃川流域を中心として発掘されている火焔土器(かえんがたどき)

燃え上がる炎のような形状をしていることからネーミングされたとのこと。

これがまたとっても繊細だし1つ1つ作りもデザインも違うし、ずっと見てられました!

 

副館長さん曰く、昔の人はこれをお鍋がわりにしてスープを作ったりしていたみたいです。

こんなおしゃれな食器羨ましい…

 

たくさんの火焔土器に囲まれてる図

こんな貴重な写真が撮影できるのもここだけだと思います!

だって普通はこんな貴重な土器を吊るしたりしなくないですか?笑

 

他の博物館だったらきっとガラスケースの中に入れられたりしてるくらいです。

 

インスタで#新潟県立歴史博物館 と検索すると

ここで撮影された写真が多く投稿されているのでぜひ記念に1枚撮影してみてくださいね♡

 

国民文化祭の特別イベントもぜひチェックして見てください⬇︎

新潟県立歴史博物館 特別展「国民の文化財」

 

そして次にお伺いしたのは、「木喰仏」(もくじきぶつ)を見ることができる

柏崎市にある十王堂へお伺いしました!

こちらは文化元年(1804年)から文化2年(1805年)にかけての作品だそうで、

実際に見るととても迫力がありました。

真ん中にいるひときわ大きい木喰仏はかの有名な閻魔大王様!

 

閻魔様にお祈りすると、悪い気や嫌なことを地獄に持っていってくれるそうです。

昔から厄除けとして新潟の人たちに愛されてきた閻魔様です。

 

そしてにこにこと満面の笑みをしている木喰仏のおびんづるさんは、

優しく撫でると幸福をもたらしてくれると有名で

私もしっかり撫でさせてもらいました!笑

撫でた部分が良くなるとお伺いしたのでとりあえず頭を…笑

数百年前から幸せを叶えてきたおびんづるさんは所々が削れていて人々を支えてきた長い歴史を感じました。

 

木喰仏を直接見たい!という方はこちらをご覧ください!⬇︎

かしわざき・木喰仏めぐり

 

そして最後に訪れたのは出雲崎の良寛記念館にある、良寛と夕日の丘公園です!

にいがた景勝100選の第一位になったスポットになります。

私が行ったのはお昼時だったのですが夕日じゃなくてもあたり一面に広がる景色に感動!

 

目の前がずっと海なんです!ここに夕日が沈むと想像するだけでとっても美しい…。

実際に良寛さんが見ていた景色を見ることも素敵だし、

日本海に沈む夕日は私も大好きな景色なのでこんな素敵な場所で見れることって幸せだなと思いました。

当日はTV局の人も同行してくださり撮影時のオフショット!笑

国民文化祭はいよいよ9/15からSTART!

新潟全域でアートや文化を発表するとても素敵なイベントです。

公式HPもチェックして見てくださいね♡

第34回国民文化祭・にいがた2019

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA