lifestyle

国民文化祭【聖籠町・胎内・新発田エリア】芸術編

国民文化祭の取材で今回は

【聖籠町・胎内・新発田エリア】へ行ってきました!

 

このエリアは市内からもアクセスしやすいので

私も小さい頃から両親と休日にお出かけしたり、友達とドライブしていた思い出深いエリアです♡

 

今回は 9/15から開催されている国民文化祭のイベント箇所を巡らせていただきました。

 

最初は新発田市にある新潟庭園街道の中から二宮邸へお邪魔しました!

 

新潟庭園街道とは、新潟を代表する日本庭園が集中している

150kmの街道のことを言います。

日本庭園ってイメージは頭の中にあるけれど、実際に見たことはなかったので最初は想像つかなかったです。

 

正直新潟にこんなに日本庭園があるのも知らなかったくらい!

 

そんなイメージのまま私が向かったのは、二宮邸。

なんと!現在も二宮さんが住んでいるというとても立派なお屋敷です。

私がお伺いした日はあいにくの雨模様だったのですが

これがまた雨ならではの雰囲気があって

しっとりした空気感を贅沢に楽しんできました!

ここは普段は開放していないエリア。

国民文化祭の期間中だけ特別開放してくれています!

紅葉シーズンは圧巻の景色なんだとか♡

昔の日本を感じることのできるとても貴重な機会でした!

春には立派なバラ園も見れるそうで次は春に行きたいなぁ♡

二宮邸へのアクセスはこちらから⬇︎

二宮邸

 

次に向かったのは、

こちらも新発田市にある

 

・旧県知事公舎記念館

・五十公野御茶屋庭園

 

こちらの観光スポットです!

名前を聞くと少し難しく感じるかもしれないので

説明を交えながらレポさせてください笑

 

・旧県知事公舎記念館

→築後100年を超える、

現存するものの中では国内最古の知事公舎。

つまり歴代の新潟県知事が住んでいた建物なのです… !

どこかほっと落ち着く…ように見えてとてつもなく広い和室。笑

現在はお茶会、展示会、会議などに貸し出したりもしていて

コスプレの撮影や結納など幅広い用途で使われているそうです!

価格帯もかなりリーズナブルなのでチェックしてみてくださいね♡

旧県知事公舎記念館

 

 

・五十公野御茶屋庭園

→江戸時代の参勤交代の際に藩主のお偉いさんが休息に使っていたりお茶会を開いていた建物です!

(外からの図)

自然に囲まれながらのお茶会はとても素敵ですね。

外には季節を感じられる草木がたくさん埋められていて

窓の外からの光景はポストカードみたいでした。

現在でも定期的にお茶会を開催しているそうなので季節を感じたい方は是非

五十公野御茶屋(国指定名勝)

 

 

そして最後に向かったのは胎内エリア!

国民文化祭期間中様々なイベントを開催している

胎内市美術館へお伺いしました!

 

胎内市美術館は新潟を中心に活躍されている方の作品を展示したり

昔の新潟にまつわる作品を展示している美術館で、

どこか特別な感じがしました。

私が見ているのは北前船と船絵馬展

船絵馬とは船の無事を祈る船乗りさん専用の絵馬のことです!

これがとっても大きいんです。

こちらは10/20まで国民文化祭開催の特別記念として展示されているので

この機会に是非ご覧になって見てくださいね。

来場者限定で船絵馬のカードももらえます!

幕末に書かれたものとは思えないくらい状態がよく1つ1つの作品が繊細で生でみるのと写真では全然印象が違いました。

 

そしてもう1つの展示は瞽女にまつわる作品を展示したコーナー

越後のはさ木と瞽女展

瞽女をテーマに画家、詩人、書道家の方の作品が飾られています。

特に印象に残った作品はこちらの渡部等さんの作品です。

盲目で三味線を弾きながら生活をしている瞽女の方

想像するだけで大変な暮らしだったのにもかかわらず渡部さんの繊細なタッチでどこか前向きにもなれる

不思議な感覚の作品でした。

 

胎内市美術館はワークショップを開催するなど

美術を鑑賞するだけではなく直接触れることのできる

素晴らしい美術館なのでぜひ一度足を運んで見てくださいね!

胎内市美術館

 

そして!

国民文化祭期間もいよいよ中間地点!

新潟全域でアートや文化を発表するとても素敵なイベントです。

公式HPもチェックして見てくださいね♡

第34回国民文化祭・にいがた2019

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA